読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミグストラノート

ラノベ読みの日記です。その他、地質。

信州大学理学部地質科学科前期試験 小論文対策

信州大学理学部地質科



地質科学科では前期試験に小論文が課されます。その配点は、1300点中の400点と少なくない配点です。よって、対策をしていくことは無駄ではないと思います。
今回は、その対策について書きます。自分自身、後期試験で入った人間ですので、小論文を受けてません。この記事を書くにあたって、同級生4人に話を聞いて来ました。この場を借りて、御礼申し上げます。


本題に入ります。
まず問題を見てみましょう。このページの地学科前期試験のところをクリックすると問題のPDfが開きます。


得点区分・出題意図・入試問題|信州大学 理学部


それによると、平成24年度が長野県の地震と活断層について、平成23年度が水資源について、平成22年度が富士山について、平成21年度がサンゴ礁について平成20年度が地震についてとなっています。


この問題を分析するに、題材は地質学全般についてだということが分かります。地学においては、天体などもありますがそれらは範囲に含まず、純粋に地質学について問うようになっています。


これは、信州大学地学部地質科学科の立場が関係していると思います。かつて、地質学を専門にする大学は岐路を迎えました。それは、惑星物理学(GPSや宇宙)などを抱合した地球惑星物理学と現場に即した地質学の2つです。


信大は、コース選択をできることによりどちらにも対応しています。3年時にコースを選択するわけですが、その時「地質科学基礎コース」と「応用地質科学コース」のどちらかに属することになります。

コースの選択|地質科学科|信州大学 理学部

前者は、必修が少なく自由単位が多いために他学科の授業を受けたり、自分の学びたいことについて自己選択することができます。後者は、必修が多く自由度が少なくなっています。そのかわり、公的機関であるJABEEによって認定を受けたプログラムであり、必要単位を満たし卒業することにより「修得技術者」の資格が与えられることになります。そして、申請によって「技術士補」の資格が与えられます。つまり、より地質の実務に即したコースとなっています。


さて、実際の所どちらのコースのが人気であるのかと言われると、それは一概には決められません。例年、どちらのコースが人気かどうかは変化します。応用のほうが圧倒的に人気がある年もあれば基礎のほうが人気がある年もあります。


それらを踏まえると、小論文の問題はより生活に即した地質学について強い興味を持ち、大学に入った後も学び続けられることができる学生を欲しいというスタンスであると推察されます。


本題に戻ります。聞いて来てきた4人の人を仮にAさんBさんCさんDさんとします。それぞれの人の対策について見ていきましょう。


Aさん
過去問を20年分くらいやった。その際、答えはないため高校の担当の教諭(地学の先生がおられなかったので、化学の先生)に添削してもらった。

【私見】
これが一番順当だと思います。過去問の分析は知識を深めるとともに傾向を探ることに繋がります。


Bさん
地学未履修。センター後に地学1を勉強して対応した。地学2は、読んだ程度でも役に立った。


Cさん
特に小論文について勉強はしなかった。ただ、地球科学について関連するテレビ番組などを見て地学について知識を獲得した。それが、自由記述の時に役に立った。また、中学校の時の資料集を見たことも参考になった。


Dさん
濃尾平野の構造運動など自分の興味のもったことについて本を読んだ。また、ニュートンの特集を見た。



総論
地学についての知識を持つことが大事です。その手段として、センターレベルの地学を勉強することが挙げられます。その他、映像で学ぶのもありでしょう。
手っ取り早い対策として過去問をやり、添削してもらうことも有効です。

細かい知識が問われる問題は少ないので、提示された問題文をよく読み理解する能力が問われます。その観点から、地学についての本を読み理解することが役に立ちます。


以上、地質科学科小論文についての記事でした。

上高地に行ってきた 後涸沢に登ってきた フォトレポート

信州大学理学部地質科

景勝地 上高地に行ってきた。といっても、遊びではなく大学の実習でだ。上高地に堆積した地層を堆積順と共に学習した。一日目は上高地全般を二日目は涸沢まで山登り。

一日目は省略。おそらく専門の人(僕みたいな)ではないと楽しめないから。2日目の涸沢までの登山。早々と途中から雪が出現。登山靴に軽アイゼンを搭載。登る登る。途中何度も滑落の危険がありそうな所を気をつけながら一歩一歩踏みしめて通過する。何度肝を冷やしたことか。

そして、登ること3時間ぐらい。ようやく涸沢ヒュッテに到着。名物かどうかは分からないラーメンとおでんを食べ人休憩して下山。ヒュッテからの眺めは最高だった。

そんな感じ。一日目の夜のバーベキューの煙がひどくて目から涙が止まらなかったのが非常に良く頭に刻まれている。死ぬかと思った。下山後、バスで松本に帰りましたとさ。なんと、今週も土曜日大町に行く。少し休みが欲しいんですけど、しかし頑張る僕であったとさ。以下、写真を載せておく。

続きを読む

信大理学部地質科学科の新歓ハイク(新入生歓迎ハイキング)について

信州大学理学部地質科

地質科学科の新入生歓迎の催しである新歓ハイクについて今回は取り上げる。

概要
信大地質科では、毎年新しく入ってきた新入生を迎える行事として4月の始めに新歓ハイクという行事を行っている。新歓ハイクでは、新入生に地質科で学ぶ地質のこと全般について知ってもらうために博物館や地質学的な価値のある場所に行く。そこでは、単純な知識の他に、地質学というものの目的やあり方について先輩である2年生が中心となって一年生に指導する。まだ、大学という雰囲気に慣れない一年生にとって心配を払拭するいい機会になっていると僕は実際に体験して感じた。地質科全般のイベントであり、1年、2年の他に先輩、先生方も参加される。
2011年度は、4月9日に行われた。


参加者について
新歓ハイクに参加するメンバーは、まず1年生全員。これは当然である。そもそも彼らのために、行われる野外授業とでも言うべき物であるからだ。これから学んでいくことの全体像を知る上で参加は必須であるし義務でもある。そして、この新歓ハイクを計画し中心となる2年生。さらに、車を出して頂いたり、まだまだ未熟な2年生に指導をしてくださったりと感謝感激の先輩方。加えて、引率の責任者として地質科の先生方も参加される。先生方には、移動手段としての車などでも支援してもらっている。


本番までの軌跡
この新歓ハイクを計画、立案するのは2年生の仕事である。2年生の中でも新歓委員が中心となり予算を立て、パンフレットを作り、行く場所を自分たちで決める。巡る場所を決めるのには、地質学を学ぶのに役に立つ場所であってなおかつ1年生が興味を持てる場所であるなど様々な条件が関わってくる。出発場所である信州大学から遠すぎてもいけない。文献や先輩、先生方からの情報である程度候補を絞っておいてから実際の下見によって決める。今回の新歓ハイクでは、ここ最近よく使われていた生坂ダムを経由してどこかに行くルートではなく、諏訪の方面ヘ向かうルートを策定することになった。


そして、何度かの下見の後おおよそのルートが策定されたが、ここで3月の中旬問題が起こった。それは先の東日本大地震によるものである。直接的な物としては、本震、余震によって地層のそばまで行くのが危険だということである。現場慣れしている2年生以上では、危険性について熟知しており落ち着いた行動が出来るが、1年生ではそうはいかないだろうという予想が立てられた。落石などに巻き込まれれば命に関わる問題だ。間接的な物としては燃料不足である。交通網や石油生成基地の損傷により長野県内のガソリンスタンドでもガソリン不足から給油しにくくなっていた。足である車の燃料が確保できなければどうしようもない。

これらの問題を頭に入れた上で再度考え直された。具体的なルートが決まったのは3月の終わりだった。

信州大学を7時に出発し、途中一度の休憩を挟み、まずは国の天然記念物である蛇石を観察する。そこで、蛇石の出来たメカニズムを班ごとに分かれ2年生(班長が中心)が1年生に向かって説明する。次に、近くの浜横川鉱山跡地のズリに移動する。そこで、1年生にハンマーの使い方、岩石の割りかたなどを指導する。割る岩石は、マンガン鉱石。一通り手順を終えたら、今度は地球の宝石箱(博物館)に移動。昼食をとった後、館内の鉱物、化石を見学する。そして、最後の目的地である諏訪湖が見渡せる展望台に移動する。その後、大学に戻る。

これが最終的な計画である。


さていよいよ本番である。詳細は省くが、出だしは不運だった。雨が降り中止も危ぶまれたからだ。しかし、どうにか天気は持ち直し最後まで予定取り計画を終えることができたのであった。


終わってみて

感想としては、大成功ではなかっただろうか。最後まで様々なことがあったがそれでも1年生に対しての地学の面白さ、意義深さを教えるという当初の目的は果たせたと思う。これは、最後まで頑張った新歓委員、2年生、先輩方、先生方のおかげだろうと思う。その中でも先頭を切った隊長、副隊長には大きな拍手を送りたい。ありがとう。自分は微力しか力となれなかったので、彼らの頑張りに対し心より尊敬している。来年の新歓ハイクがどういった形になるのかはまだ当然ながら決まっていないが、成功を祈っている。地質科学科の未来は明るい。


以上、新刀無乃でした。

なお、生坂ダムなどの長野県の地質に関しては前に書いたエントリで参考文献を紹介している。
長野の地学について学びたい人におすすめの本

ランキングに参加しているので、クリックしてくださると励みになります。 人気ブログランキングへ

信州大学理学部地質科 常念岳

信州大学理学部地質科

1年恒例の常念岳。画質が悪いのは携帯だからしょうがない。

信州大学松本合同図書館におけるブックハンティングについて

信州大学理学部地質科

松本合同図書館のブックハンティングに参加してきた。

と言ってもブックハンティングとはなんぞえと思う方も必ずいるはずである。

だから簡単に説明しちゃうのだ。

ブックハンティングを日本語に意訳すると(異訳ではない)本を狩るという意味である。


はい、意味が分からないでしょう。

具体的には、松本合同図書館の本を学生に選んでもらうというものだ。

たまたま暇だったので、僕は応募し選ばれた。定員は10名だったが、応募してきたのは定員ちょうどぐらいだったらしい。
今の文の使い方は、おかしいのはわかっているよ。
それから急な都合で来れなくなった3名を除いた7名が参加した(僕も含めて)。

男女比は例年とは違い、男子五、女子二だった。

当日、五時に集合場所のカウンターに行くとカウンターの奥で既に何人かの人影が見えた。少し遅かったかなと思いつつ、カウンターの職員さんに声をかける。
向こうも僕が参加者であることに気づいていたらしくスムーズに奥へ案内され、参加者に加わった。
お菓子、お茶などが用意され至れり尽くせりの対応。
ただ感謝。

それから、職員の方からブックハンティングについて説明があった。その後、車で会場の書店に移動した。

30分ほどで到着。それから1時間ほど本を選ぶ時間が与えられた。

本の予算は一人3万円ほどまでオッケイならしい。
せいぜい1冊程度だと思っていたが、これは驚き。
張り切って選んだ。

1時間後、記念撮影をして大学に戻り、そこで解散だった。

裏話
とあるライトノベルを僕は選びたかった。
知的であるはずの大学図書館にサブカルチャーの典型とも言えるライトノベルが置かれていたらそれはある意味異空間という芸術になると考えたからではない。

単純に置くべきだという判断をするに値する本があったからである。けれど、その本がブックハンティングで使用した本屋になかった。それで選べなかったのだ。大変残念であった。

なかった本は前から一押しの『羽月莉音の帝国1』。本当になかったのが残念だった。
そのかわりと言っては何だが、イチオシのSFを選んだ。ライトノベルと同価値の衝撃が与えられるかもしれないやつだ。『天体の回転について』ハヤカワ文庫本。何がすごいって、アマゾンで検索してみたらわかるよ。
ということで松本合同図書館のオススメ本に一冊異色なものが並んでいたら僕の仕業だと思っていい。少しでも日常に驚きが生まれるように。それが僕のその本の選考理由だから。