ミグストラノート

ラノベ読みの日記です。その他、地質。

マンガのデジタルアーカイブス化の必要性

 マンガは紙に印刷されており、これらは時間はたつに連れて急速に劣化していきます。劣化にはコピーや閲覧が不可能なものに変化させます。それらを防ぐためには漫画というコンテンツを物理的な紙から切り離すことがもっとも良い方法なのです。

また情報共有化という面からも重要です。
日本各地に存在する個人所蔵のまま消えていく運命を背負った漫画たちや出版社の持つデータ、図書館の保持しているデータを統合的に管理するデータベースを作ることが求められます。

これをすることで、研究者にとってもあらゆる場所からのアクセスが可能になることで今まで以上に多くの資料に触れることができるという利点があります。

コレクターにとっても貴重な原本を失わずにすむという良い点があります。

他の視点から見てみましょう。

マンガという文化を考えてみたときデジタルアーカイブス化は、大きな効果を発揮します。
例えば、データベースが海外にも開放されるようになれば世界においても日本のマンガが今まで以上に認知されるようになり、興味を持ってくれる人が増えることになります。

未来に伝える財産としてマンガを考えるのであれば、デジタルアーカイブス化は「鍵」となるものになるでしょう。