ミグストラノート

ラノベ読みの日記です。その他、地質。

『レンタルマギカ 白の魔法使い』を読んだ!

終わりが見えないレンタルマギカシリーズ最新刊。
このシリーズは新刊が出るのが待てないほど楽しみにしているのだが、7月1日ついに発売された。
主人公の伊庭いつきが考えていることが全く私にはわからない。起きた事象は理解できるのだが、彼の行動が私の考えの斜め上を走っていてこんな作戦もあったのかと驚かされる。

そして、一冊の終わりまで読者を飽きさせない疾走感が文体から溢れてくる。魔術バトルが好きな人から、予想できないストーリーを求める人にぴったりのシリーズだろう。次回作に期待して待ちたい。