ミグストラノート

ラノベ読みの日記です。その他、地質。

羽月莉音の帝国4発売、パソコンをいじれる人ってすごい

スポンサードリンク

羽月莉音の帝国4」が、ガガガ文庫から発売されました。高校生の羽月莉音がいとこの羽月巳継と組み革命部を作り自身の国を作るという話です。
前に1から3巻までの書評を書きましたが、とにかくこのシリーズは面白い。デビュー作は『電撃SSガール』。ネット上の話題を独占した新感覚ライトノベルでした。

この本の著者、至道流星さんの書く物語のありきたりではないところは、その現実性にあります。自身、会社を起こし社会の荒波の中で暮らしてきた経験を生かし、会社のおこし方、お金の儲け方、そして経営の仕方が丁寧に書かれていることにあります。
建国を目的としても、普通のライトノベルでは魔法や超能力を用い人間を操ることや恐怖に陥れて国を作るというのが一般的ですが、この物語ではそうではないのです。お金を儲けることで国を維持するために武力を手に入れ、そして独立を勝ち取ろうというライトノベルとしては異色と言っていいストーリ。

それでいてこの物語は、非常に軽妙なテンポで話が進むことがすばらしい。面白くない小説は何時まで経っても説明ばっかり、登場人物の紹介ばっかりで無駄なページを消費し、盛り上がりなく終わる小説とは大違いです。

刊行スピードが速いのもこのシリーズのいいところだ。次の新刊の予定は11月17日、2ヶ月もしないうちに新刊が出るのは驚きとしか言えないが、著者には感謝したい。こんなに面白い小説に飽きることなくコンスタントに触れることができるのであるのだから。
ハルヒの作家も見習って欲しい。

4巻では新たなる買収に動く主人公たち。胸の高鳴りが止まらない。


著者の至道流星さんはブログもやっているので気になった人は見て欲しい。有益な情報を見ることができる。


SSnovel.com

今日は朝の6時までとある動画を見ていて徹夜してしまった。この動画は、恐ろしいまでの工作技術を使って、アーケードゲーム機を改造していくというものだが、出てくる道具やパソコンの配線の仕方など常人には理解出来ないほど複雑である。本当に視聴者を飽きさせない人を魅了する技術も兼ね備えていると思った動画作成者であった。
以下その動画である。
D

では、また。