ミグストラノート

ラノベ読みの日記です。その他、地質。

FirefoxからSafariへの簡単な移行の仕方

スポンサーリンク

あんまりスピードが遅いからFirefoxからSafariに移行しました。無料ウェブブラウザとして一角を占めてきたFirefoxですがここ最近、シェアを落としています。同じ頃インターネットエクスプローラー(以下IE)もシェアを落としていますから、IEにシェアを奪われたわけではありません。ではどこに奪われたのでしょうか。

それはGoogle Chromeです。恐ろしい速さを誇るこのブラウザは、オペラと並んで速さの一位を保っています。
速さで到底かなわないFirefoxですが唯一上回ってきたものがありました。それがアドオンです。

このアドオンを追加することにより、機能を追加できるのです。このアドオンの数の豊富さと利便性でいままでシェアを保ってきたわけです。

しかし、Google Chromeにもアドオンの同種類のものが搭載されその数も日に日に拡大し、今ではその利便性も失われつつあります。そんな落ち目のFirefoxを私が見限ったわけはたったひとつ、遅すぎる。とにかく遅い。そして、メモリの食い方、CPUの多大なる負担、それにもう嫌気がさし他のブラウザに移行しました。

その移行先はどこにしようか迷ったのですが、オペラでもGoogle ChromeでもなくSafariにしました。理由としてはアドオンに代用品になる拡張機能が装備されたこと、ChromeのUIが嫌いなことが挙げられます。


そのような理由で移行することになったわけありました。
今回、移行にあたって使用したものは、Xmarksというアドオンです。このアドオンは他のブラウザ間でもパスワード、ブックマーク、履歴を同期できる優れものです。けれど、なくなってしまう危機に立たされています。もしよかったら、援助をしてください。私も応援しています。

手順は簡単、アドオンをまずFirefoxにインストール、すると自動的にアカウントの作成を促されます。そしてその手順道理にアカウントをつくったら、つぎにSafariにもインストール。そして自動的に出てくる画面にしたがってアカウントにログインします。あとは手順通りに進めれば、数分後には同期が始まり、完全に同期されます。

非常に便利なアドオン。みなさんも有効活用してみてくださいね。

広告を非表示にする