読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミグストラノート

ラノベ読みの日記です。その他、地質。

涙が頬をなでる

日常

人はなぜ泣きを求めるのだろうか
人は、切ない涙が出てくるようなものをなぜか好む。悲劇はその典型とも言えるだろう。

涙を流し、センチメンタルになった日には、憂鬱で仕事や生活にも影響がでそうものだが実際は違う。

なぜなら、人はそれが本当に自分の身の回りで起きた出来事でなければ他人ごととして別のこととして判断できる能力があるからだ。

他の人の悲しい顛末を見た後、自分と照らし合わせてなんと自分がそれに比べて幸せなことを実感するということが事実だと思う。あくまでも他人と比較して生きているという例ではないだろうか。

また涙を流すことにより、精神を癒す効果があるのだと思う。自分が傷ついていることを実感するためのものであるということだ。


私はあまり泣かなくなった。人の死に対面しすぎたためであろうか。それとも別の要因があるのかそれは確定できない。
けれど、突然涙がこぼれてくることがある。
それは、誰かの悲しみを感じたためかもしれない。

広告を非表示にする