読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミグストラノート

ラノベ読みの日記です。その他、地質。

知られざる空母の秘密 書評

スポンサーリンク

世界でも限られた国しか持っていない強大な戦力、空母かつては日本も持っていたが戦後保有する事はなくなった。そんな空母の秘密をわかりやすく紹介してくれる本である。

素人でも理解しやすいように、難解な言葉を少なくしており、非常に読みやすかった。空母から戦闘機が飛び出す際のオペレーションのやり方やカタパルトのギミックなど絶対に知りおおせないような事を知る事ができおもしろかった。各国の空母について紹介してくれるコーナーもあってどの国の空母がどんな特徴を持っているのかを丁寧に説明されていた。

なんか、これを読んでると空母って本当にすごいものなんだなという気にさせてくれる。多くの戦闘機を積み、戦闘の際は中心となる。まさに、要となるものといえるだろう。
日本も一つくらい作ればいいのにと思うのだけれど、自衛隊の持つ戦力との兼ね合いから難しいのかな。アメリカから技術を提供してもらえれば、いつでも作れる気がするのだが。
実際問題、基本的には日本近海のみで活動する自衛隊にはいらないものなのだろう。日本帝国軍みたいに外国に出て行って戦う事も想定されていないのだから。今の最大の脅威は、中国が空母を手に入れてしまった事。これが今後の世界平和にどう影響するかを注視する必要がある。

広告を非表示にする