読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミグストラノート

ラノベ読みの日記です。その他、地質。

水嶋ヒロ著 KAGEROUについて別視点から見てみよう

http://comicbookstore.blog39.fc2.com/blog-entry-1356.html" title="水嶋ヒロ氏の処女小説[KAGEROU] 本日発売。 - 本屋さん戒厳令

水嶋ヒロ氏の処女小説[KAGEROU] 本日発売。 - 本屋さん戒厳令

内容の是非はともかくとして、この二つの記事を参考にして僕はこの作品の読み手について分析してみたい。

まず、売り上げから見ていこう。既に68万部が販売され、増刷もかかっている。この点から見ても大ヒットをしているのは間違いないだろう。

次に読者層。新人作家の小説であるのでファン層は普段から小説を日常的に読んでいる人たちではないようだ。記事に売れ行きが女性客が多い店舗で会社が終わってから加速したとあるので、若い女性たち、それも社会人の女性が買っていたのだろうと推測される。これは従来のアイドルの時のファンがその流れで手に取ったのだろう。彼女たちはお金もあるため、単行本一冊ぐらい買うのはお手の物である。対して高い買い物でもない。

今後の推移。おそらく売り上げは初動型であろうが、メディアへの露出がしばらくは続くことだろうと思われるので、地道に売れ続けるだろう。また、彼自身がメディアへ出てきて、紹介をするかもしれない。そうすれば、店頭に本がある限り消費されることは間違いないと見ていい。


予想通り、大量に売れることになったが、別に驚くことでもない。考えるべきは今後の展開についてだ。彼は、二作目は書くつもりなのだろうか。
一作目より、文章がこなれてくるため二作目の方がおもしろくなるのは一般的なことだが、十分なお金も手に入ったことであるし、お金を得るために書いたのならばもうやる必要はない。それに、話題性で本を売っているのでだんだん売れ行きは下がっていくだろう。
それでも書き続けるというのであれば、それは彼自身の決意の表れでもあるし、個人的には応援したい。まだ詠んでないけど。

広告を非表示にする