ミグストラノート

ラノベ読みの日記です。その他、地質。

ライトノベルのメディアミックスたちについて僕が語ること 

ライトノベルのメディアミックスにはいくつかあるわけだ。それらについてまとめたい。


まず漫画化。これは当たり外れがある。原作の善し悪しもあるけれども、漫画家のほうにも善し悪しがある。ISが代表例。だが、質にかかわらずファンには売れる作品もあるのは納得のいかない。素人目に見てもひどいものはたくさんある。その中でレールガンは大成功した例だと思う。ただどうしても漫画の方はなかなか話が進まない。週刊連載でもすればいいのだろうが難しい。気づいたら原作は続いているのに漫画は打ち切りになっていることがあって、悔しい。


次、ドラマCD化。アニメ化よりも実のところこっちの方が嬉しい。声だけの方が聞き手には想像の余地がある。一番のお気に入り、 佰物語 は週一でいまも聞いている。


TVアニメ化。昔は好きな作品がアニメ化されると嬉しかったが、大人になって爆死爆死と叩かれているのを見ると悲しくなって、素直に喜べなくなった。つまんねぇとか言わないで、原作を読んでみてくれ。アニメが駄目なだけで原作は悪くないのだから。あとラノベってだけで叩かないで。しょうがない、ラノベだからとか言わないで。


劇場版アニメ化。灼眼のシャナやいぬかみ!、涼宮ハルヒの消失、とある飛行士の追憶など。まだ少ないけど、たぶんアニメ業界でこの流れが加速しているのでそれに伴って増える。シャナの映画化のような電撃文庫映画合同企画またやって欲しい。


実写映画化。最近ちらちらと出てきたような。みーまーとか、ああっ女神様とか。ちなみに「ああっ女神様」の劇場版の撮影は長野県松本市のアガタの森公園内の旧信州大学の建物をロケに使っている。一度、訪ねて欲しい趣のある建物。
原作ファンからすると映画化することへ期待値が薄い。別物として考えればおもしろいとかいう意見もあるけど、それだったら映画化した意味ないと言う話。思うに、とある飛行士みたいなのは、実写にしたら映えるかも。あの青い空の元で縦横無尽に飛び回る戦闘機を劇場で見たい。


まずは、今あるメディアミックスについてまとめた。次の記事では、勝手にまだあまりやられていないメディアミックスのアイデアを書く。こちらが本題だったが長いので分けた。

GJ部』の5巻と『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』を買ってきた。ラブコメというのでコメディとタイトルで言っている。ラブコメが何に対して間違っているのだろう。何とも謎のタイトルだが、そこはかとなく興味をそそる。