ミグストラノート

ラノベ読みの日記です。その他、地質。

提案 Amazonでライトノベルを買うときは作家さんのサイトを通して買うというのはどうだろうか?

スポンサーリンク

ここまでAmazonが普及するとは数年前思っている人は少なかったと思うが、今では日常の買い物の選択肢の一つとしてAmazonをはじめとするネット通販が上がることは珍しくないだろう。僕も、欲しい本が発売から数年が経ち、本屋から消えてしまっているが絶版していないという類の本や近くの本屋で売り切れてしまい、注文しなければ買うことの出来ないような本をよく購入する。また、Amazonでも中古の本を買うことが出来るようになったことで珍しい古本を買うために利用することもある。中古の本の場合、ランク付けされているので、本の状態があるていど明確であるし、価格もAmazonの中古市場の成熟により適正価格まで下がってきている。出品者も評価が付けられているので、状態の悪い本をいい本と偽っているような出品者は低い評価を受け、購入者にとって良心的なサービスとなっている。


本題に入るが、多くの作家さんが自らのウェブサイトを持つ事が一般的になっている。ライトノベル作家さんの場合、その割合はかなり高いと思う。理由としては、作家さん自身が他の一般文芸の作家さんに比べて若いこととネット文化と密接に結びつくライトノベルという性質が挙げられる。


そして、作家さんの中には自らのサイトに自分の作品へのAmazon等へのリンクを貼っている場合がある。そこで、思ったのだがネット経由でライトノベルを買うとき作家さんのサイトを通して買うのはどうだろうか。そうすれば、作家さんにとって新たな収入源になる。初めのうちは、たいした額が受け取れないだろうが、多くの本を紹介したとなればそのアカウントでの紹介した価格に対する紹介料の比率が上昇し、その内にある程度まとまった額のお金となるにちがいない。


ライトノベル系の紹介サイトから情報の謝礼代わりにリンクを踏んで購入するのもいいが、余裕があるときならば作者さんのサイトを探して、そこに商品へのリンクがないかを確認して、あるようならばそこを通して上で買うのも一つの選択肢として考えて欲しい。購入者は、ググって作者さんのサイトを探す手間があるが、自分に対する金銭的な損はなく作家さんを直接的に支援することが可能な方法だ。


きたる電子書籍時代になれば、作家さんが直に読者に作品を届けられるようになり、間にマージンを取られる率が更に減少するだろうが、今はこれぐらいしか作家さんの受取率を上げる方法が見当たらない。同じ部数でもこちらの方が作家さんの手元に多くのお金が届く。素敵な方法ではないか。そんなことをぼけっと、とある作家さんのブログをみていて思ったわけでした。


どう思いますか。今後はできるだけこの方法をとろうかなって考えてます。以上、新刀無乃でした。