読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミグストラノート

ラノベ読みの日記です。その他、地質。

Google AdSenseにログインしようとしたら、いつもとアクセスする場所が違うと言われた件について

スポンサーリンク

少し間が空いたのでリハビリも兼ねてちょっとした更新をする。

昨日のことになるが、Google AdSenseで0円の文字を見るなど意味もないことなのになんとなくログインしようとした。すると、いつもと違う所からのアクセスだという警告と共に本人確認をしてくれという画面になった。僕は少し戸惑いながらもリロードして、もう一度ログインしようとしてみた。しかし結果は同じであった。


そこで、本人確認の手順を踏んだわけだったが、その方法がなかなかに意外だった。まず、国名を入れ、そしてどのキャリアを使っているかを設定した。そして、電話番号を最後に入力した。


なぜ、電話番号なのかと若干不安に思いつつも、その内容でOKを押した。すると、画面が切り替わり確認コードを入れろということだった。それを見て何が確認コードなのかなと思ったとき、携帯電話が甲高く鳴いた。


片手を伸ばし、携帯をつかむ。すると、聞こえてきたのは謎の女の声だった。


その声は確認コードを告げてくる。慌ててキーボードに向かいながら聞いたコードを入力した。1度繰り返した後、その電話切れた。


初めてのシステムに驚きながらも、その確認コードにより本人確認を行えたのだった。


めでたしめでたし。一年で1000円にも満たないんだけどね。普通に検索するときも、人の手ではない操作が行われた可能性があるとGoogleに警告されたり、原因は何なのだろう。プロバイダかな。この経験が誰かの役に立つときが来るのかな。