読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミグストラノート

ラノベ読みの日記です。その他、地質。

Lionでwifiがインターネット共有できない問題の解決方法

スポンサーリンク

Lionにバージョンアップしてからインターネット共有をしている状態でiPodからwifi接続ができなくなる問題が起こっていた。これは3G回線を持たないiPod Touchにとってかなり重大な問題である。多くのアプリケーションはネット環境が必要なことが多いからだ。メールを見るのにも一度サーバーにアクセスする必要があるし、地図などのアプリではデータをネット上から持ってくることが多い。そんなわけでどうにかしてこの問題を解決したかったのである。

始めに症状について述べる。remoteなどのApple公式アプリは接続できているが、Safariなどではネットに繋がらず、また他のアプリでも同様に接続できていないという状態だった。
調べてみると同じ問題に悩まされている人はいた。そのうちの一つである下記のサイトで紹介されていた解決方法を試してみることにした。

i-Power Style Navi - blog:Lionでインターネット共有できない;;; - livedoor Blog(ブログ)

大きく分けて2つの方法がある。

一つ目、Mac側の共有設定を作りなおす。
二つ目、iPhoneiPod上の設定ファイルを削除して新たに設定しなおす。


一つ目を試してみた。システム環境設定の共有の項目を開く。その内のインターネット共有を無効にすると変更ができるようになる。wifiオプションを開いてネットワーク名を変更した。再びインターネット共有有効にする。次に、iPhoneiPod側のwifi設定の所からその他を選ぶ。そして変更したネットワーク名とキーを打ち込み、joinを押すと無事接続完了。

Safariで試したが問題がなくwebページを開けている。二つ目の方法はネタ元で確認してもらいたい。

この手のトラブルはApple製品ではよくあることである。例としては、新しいAirMacExtreameに乗り換えたら通信速度が下がったや繋がらないなどである。従来の設定を引き継いでくれるのがMacのいいところではあるのだがときたまこういう問題が起きてしまう。そういう場合は設定をリセットすることをおすすめしたい。それをすれば大抵の場合解決する。Lionでwifiがインターネット共有できない問題の解決方法でした。