ミグストラノート

ラノベ読みの日記です。その他、地質。

西尾維新 新作が講談社ノベルスで発売!タイトルは『少女不十分』

スポンサーリンク


講談社ノベルス携帯メルマガ 2011年8月9日号【号外】
http://novels.kodansha.ne.jp/index.php
こちらのメールは講談社ノベルス携帯メルマガへ登録した方へお送りしています。

こんにちは。講談社ノベルス携帯メルマガです。
不定期で毎月1〜2回メルマガをお届けしています。本日は【号外】です!
・∴・∴・∴・∴・∴

西尾維新 講談社ノベルス 最新作刊行決定!

西尾維新さんのノベルス最新作の刊行が、決定いたしました!! どこよりも早い最新情報です!

『少女不十分』
Illustration 碧 風羽(みどり・ふう)
2011年9月8日発売

――西尾維新、原点回帰にして新境地の最新作――

発売をお楽しみに!

情報元は、講談社ノベルス携帯メルマガからだ。いやー、物語シリーズもあるのにあんたどれだけ頑張るねんという話。物語シリーズに馴染めない人にとっては、失敗シリーズを除いて久しぶりの西尾作品となるだろう。ノベルスだから比較的読み応えもある長編ものだと思う。
さて、原点回帰とあるがこの意味は2つあるだろう。一つは講談社ノベルスとしてである。最近は講談社BOXの方での作品が出されることが多かったので、原点(古巣)に戻るという意味でだ。『不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界』以来のノベルス作品となる。もう一つの意味は、処女作『クビキリサイクル』という原点に戻るということが考えられる。そこから推測されることはミステリー要素を織り込む、詩的なパートを入れるなどだ。
発売が楽しみである。9月は鬼物語と重なるのだけれども大丈夫であろうか。実際に発売されるまでは安心はできないが、それでも期待して待ちたい。


新書よりもでかい『とある魔術の禁書目録Sp』を読みながら更新