ミグストラノート

ラノベ読みの日記です。その他、地質。

「iTunesなど」/ “ディスク "" へのコピーに失敗しました。十分なアクセス権がないので、この操作を実行できません。と表示された時の解決策

どうも、しんとうむのです。今回の記事はiTuneのトラブルシューティングです。

iTunes に曲を追加したり、オーディオ CD を読み込んだりするときに問題が生じる

この症状は、以下の作業をした時起こるようだ。

別の場所にある音楽を iTunes 内にドラッグしたとき
iTunes で「ファイル」メニューの「ライブラリに追加」を使って音楽を iTunes に追加したとき(Windows では「ファイルをライブラリに追加」および「フォルダをライブラリに追加」と表示されます)

僕の場合は、ライブラリに追加をした時に起こった。警告メッセージの通り、フォルダへのアクセス権をユーザーが持っていないのが原因だ。なので、アクセス権を設定してあげればいい。


Mac OS X 10.5 Help: アクセス権を設定する


まず、iTunes Mediaフォルダを選択して情報を見るという作業をする。コンテクストメニューから情報を見るを選択しても良いし、メニューバーから作業しても良い。すると縦に細長い*1ウィンドウ出てきてフォルダの情報を教えてくれる。


次に、その情報のウィンドウの一番下を見る。そこに共有とアクセス権という項目があるはずだ。そこに標準であればそのフォルダに各ユーザのアクセス権についての情報が書かれてある。「読み書きができる」、「読みのみ」、「アクセス不可」などだ。詳細が隠れている場合は、下三角矢印を押してあげれば出てくる。


そのアクセス条件を「読み書きができる」に変更してあげればいい。そこに名前のないユーザーアカウントであればプラスボタンを押して追加すること。この作業には管理者の権限が必要になる。


さらに、歯車のボタンをクリックして内包する全てのフォルダ、ファイルへこの設定を有効化すること忘れずに。



以上の手順を踏み、アクセス権を付与すればライブラリを読み込むことができるようになる。アクセス権がないと、iTunes Storeから音楽をダウンロードすることも当然ながらできない。

windowsの時も、最初の公式サポート記事に対応策が書いてあるので参考にして欲しい。

*1:名前は違ったような気がする