読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミグストラノート

ラノベ読みの日記です。その他、地質。

東京レイヴンズ5,6,7 簡易感想

ライトノベル

感想は後回しでメモ.

終盤になってようやく面白くなるというあざの耕平先生の真髄を目の当たりにした.なんで面白いのかは,敵が強くて,激しいバトルが行われていることや物語が大きく進んでいることが関係しているのは間違いない.

逆に言えば,ある意味で計算通りであって,はじめは微妙というのを読み手が許容出来るかという実験(冗談)かもね.序盤だから骨格を作ろうぜみたいな感じで話を大きく急に動かす気がないだけだと思う.

それが許されるのがベテラン売れっ子作家の証なんだろうね.

早く続きが読みたいなぁ.

広告を非表示にする