ミグストラノート

ラノベ読みの日記です。その他、地質。

新約 とある魔術の禁書目録6 感想

垣根提督、再登場。またも、アクセラレータの前に立ち塞がる。

当麻の強さは魔術以外に対してはやはり弱いというのがよく分かる話。銃とかに対する対処だったら浜面のほうが上だよな。あの超直感で銃弾の動きとか見破れないものなのかな。

適当に感想を書いているけど、マジで全てについて書こうとするとトリガーハッピーのデビさんくらい時間がかかる。

これだけの内容のある巻を連続して出し続けられるのは才能としか言いようが無い。

そう意味でもすごい作家さん。はっきり言ってグイン・サーガ並に終りが見えないのだけど、何巻まで続くのかな。間違いなくラノベとしては最長シリーズになりそう。銀河英雄伝説とかは除く。今最長は電撃から出てるフォーチュン・クエストだっけ。