ミグストラノート

ラノベ読みの日記です。その他、地質。

2013年夏の陣 アニメ評価

見た作品の幻影ヲ駆ケル太陽,ガッチャマンマンクラウズ,プリヤ,物語シリーズ2,きんいろモザイク,戦姫絶唱シンフォギアG,たまゆらを評価します.

並び替える.

評価 作品名
とても良い きんいろモザイク,戦姫絶唱シンフォギア
良い プリヤ,ガッチャマンマンクラウズ,物語シリーズ2
ふつうに良い たまゆら
普通より若干下 幻影ヲ駆ケル太陽

みたいな感じ.

・きんいろモザイク,最終回でOP映像と同じようにイギリスにみんなで行くのかなと思ったがそんなことはなかった.ミュージカルは嫌いじゃない.それより,アリスとシノのクラスが違う事に驚いた.日常系だと当たり前のように同じクラスになる.それ自体がメタ的な表現をされることもあるのに,思い切った表現方法だ.これにより,アリスとシノの間のクラスが違うぐらいじゃ切っても切れない関係を強く表現している.クラス替え以後だと授業ネタが減って,休み時間ネタが増えるのかもしれない.陽子とあややの関係性は知らん.補完イベント描かれてたっけ.

・シンフォギアG,最終回の一個前から一期に戻った感じ.それまでのためがあったからの超展開.これこそ,シンフォギアだ! それまでは可も無く不可も無くといった感じだったが,クリスちゃん裏切りからの,ロボット登場とかの展開は笑ってしまった.一期で慣れてしまって,歌いながら攻撃するというカオスな場面に吹き出さなくなったのが恐ろしい.最終回は吹き出しまくってたけど.シンフォギアの評価はいかに視聴者を笑わせるかということにかかっていると思う.

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ (1) (角川コミックス・エース 200-1)

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ (1) (角川コミックス・エース 200-1)

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ (2) (角川コミックス・エース)

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ (2) (角川コミックス・エース)

・プリズムイリヤ【プリヤ】,原作も買った,アサシンのところに原作の改変が要らんかったな.あと,Fate見てない人のために魔術の説明省くのもちょっとな.イリアがああいう特殊な子だって知っているから,漫画見てなくともだいたい事情はわかったけど,鍵のところの説明とか必要でしょう.なくても話は成立していたけれど.アイリのイリアへのお風呂での励ましとかの重みが変わってくる.実は事情を知っていて,それでも行けと娘を押し出す励ますという一様な解釈を視聴者にできるようにすべきだった.それが分からない人も絶対いる.後,ラジオがいい.

ガッチャマンクラウズ,はじめちゃんが最後まで完璧すぎだった.というか完璧超人.人ではなくて,思想の存在みたいな.ガンジーとかそんな感じだ.だからはじめちゃん宇宙人じゃねと思ってたんだけどな.後,最後尺が足りなかったんだろうな.良作止まり.

物語シリーズ2,猫物語と傾物語までか.猫は,頑張ったけど書籍で読んだほうがいいかなって感じ.傾物語はすごく良かった.カットされた部分が多かったのは残念だけど.原作でも傾物語が一番好き.

・たまゆら二期,ARIAよりは数段落ちる.けれど,これでこそ日常ものって感じ.それなりにキャラとメッセージ性を共存できたのでは.可愛い子が用意できれば実写でもいいくらいだ.

・幻影ヲ駆ケル太陽,これどう評価しようか.あかりがそれなりに自分の意志を貫き,仲間を納得させ,更には自分の運命を乗り越えるというというのは描けていた.とはいえ,ダエモニアからの解放方法はわからんし,すっきりしない.あと暗いし.主人公がかなり悩んでいたのがマイナスかな.はじめちゃんとミキシングしてもう少し強くなれば,受ける印象は変わったと思う.やりたいことはやれたみたいだし制作陣は満足しているのでは.

評価がそれなりに高いのはつまらないと感じたのは切るから.秋はきんモザ級来るかな.また冬にでも書こう.