ミグストラノート

主にVTuberの話をするよ

地質系の読み物としての本のおすすめ 岩波新書やブルーバックスなど

地質学の読み物

四季の地球科学――日本列島の時空を歩く (岩波新書)

四季の地球科学――日本列島の時空を歩く (岩波新書)

ダイヤモンドは超音速で地底を移動する (メディアファクトリー新書)

ダイヤモンドは超音速で地底を移動する (メディアファクトリー新書)

岩波新書の地質系は薄い割に内容が盛り込まれていて好きです.全体を俯瞰するのには役に立つと思います.いきなり大人向けの本から入らずに子供向けの本を読んで基礎を学ぶのと同じことです.入船先生の本は,専門の超高圧環境についての本.地球科学連合にブースを出していて,そこでこの分野について興味を持ちました.

私の他の岩波新書の地質系のおすすめは,以下のとおり.

日本列島の誕生 (岩波新書)

日本列島の誕生 (岩波新書)

1990と古いが,研究の最前線にいた研究者が書いただけあって,日本列島の地質のまとめとしては初歩でありながらも重要な一冊だと思います.これ新版出してくださらないかな,平先生.付加体地質について触れています.文章も読みやすいが,何故か眠たくなる本.

もっと知りたいという人は同じ平先生の「地層の解読」を読むと良いです.高いですけれど,図も大きくてなにより読みやすいのが嬉しいところです.シリーズの2作を合わせて読むと地学については大学入試レベルまで行けると思います.

地質学〈2〉地層の解読

地質学〈2〉地層の解読

火山噴火―予知と減災を考える (岩波新書)

火山噴火―予知と減災を考える (岩波新書)

京大の鎌田先生の本.火山について基本的な知識が学べます.少々文章が洗練されていない気がしますが,薄いので気合で読めば問題ないと思います.

大地動乱の時代―地震学者は警告する (岩波新書)

大地動乱の時代―地震学者は警告する (岩波新書)

地震について.

ブルーバックス

山はどうしてできるのか―ダイナミックな地球科学入門 (ブルーバックス)

山はどうしてできるのか―ダイナミックな地球科学入門 (ブルーバックス)

岩波新書ではないですが,前に紹介した「山はどうして出来るのか」も役に立ちます.この本は文字通り山にスポットを当ててそこからプレートテクトニクスなどの地質現象を解き明かす感じですが,基本的な地質の知識は盛り込まれています.

山はどうしてできるのか 書評 - ミグストラノート

海に沈んだ大陸の謎 最新科学が解き明かす激動の地球史 (ブルーバックス)

海に沈んだ大陸の謎 最新科学が解き明かす激動の地球史 (ブルーバックス)

ムー大陸の謎を地質学的に検証するという形で,本当にムー大陸はあったのか,あるいは大陸の定義は何か.また,沈んだ大陸は本当にあるのかについて最新の知見を元に書かれています.

地球を突き動かす超巨大火山 新しい「地球学」入門 (ブルーバックス)

地球を突き動かす超巨大火山 新しい「地球学」入門 (ブルーバックス)

大陸の本と関連して,かつて生物の大量絶滅にも関わったとされる超巨大火山について書かれた本です.

超大規模火山の正体は?「地球を突き動かす超巨大火山 新しい「地球学」入門」感想 - ミグストラノート

地学全体について基本的なことが書いてある本

地学全体に興味のある人はブルーバックスの高校地学の教科書を読むことをおすすめします.

新しい高校地学の教科書―現代人のための高校理科 (ブルーバックス)

新しい高校地学の教科書―現代人のための高校理科 (ブルーバックス)

高校の地学の参考書や図説のほうがカラーの図が多くてわかりやすいかもしれません.

ひとりで学べる地学―「地学基礎」「地学」に対応

ひとりで学べる地学―「地学基礎」「地学」に対応

これらを読んで興味をもったのであれば,専門の本にも手を出すことをおすすめします.新版地学教育講座のシリーズや記載・解析岩石学,フィールドジオロジーのシリーズなどがあります,

基礎地球科学

基礎地球科学

  • 作者: 西村祐二郎,今岡照喜,高木秀雄,磯崎行雄,金折裕司,鈴木盛久
  • 出版社/メーカー: 朝倉書店
  • 発売日: 2010/12/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る