読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミグストラノート

ラノベ読みの日記です。その他、地質。

魔法科高校の劣等生 (14) 古都内乱編 (上) 感想

劣等生の兄と、優等生の妹が織りなすスクール・マギクス!

『九校戦』の"裏側"で起こった『パラサイドール』事件の黒幕の一人・周公瑾は、横浜から逃亡し、京都を中心とする古式魔法師集団「伝統派」の元に潜伏、姿をくらました。

そして二ヶ月が経ち――。

『全国高校生魔法学論文コンペティション』の季節がやってきた。

新京都国際会議場で開催される日本魔法協会主催『論文コンペ』の一高代表に選ばれた達也の許へ、四葉真夜の書状を携えた黒羽姉弟が訪れる。

手紙の内容は「周公瑾の捕縛に協力して欲しい」という要請だった。

何故、いつもの『命令』ではなく『依頼』だったのか疑問を覚えながらも、達也と深雪は「伝統派」の対抗勢力の中心である九島家を目指す。

そこで、二人は『作られた天才魔法師』との運命の出会いを果たし……。

古都を舞台とした謀略と暗闘。魔法師開発の歴史の裏で燻り続けてきた因縁に、達也と深雪とその仲間たちが挑む。

http://www.amazon.co.jp/%E9%AD%94%E6%B3%95%E7%A7%91%E9%AB%98%E6%A0%A1%E3%81%AE%E5%8A%A3%E7%AD%89%E7%94%9F-14-%E5%8F%A4%E9%83%BD%E5%86%85%E4%B9%B1%E7%B7%A8-%E4%B8%8A-%E9%9B%BB%E6%92%83%E6%96%87%E5%BA%AB/dp/4048668609/

魔法科高校の劣等生 (14) 古都内乱編 (上)の感想です.

冒頭から新技の開発に悪戦苦闘するお兄様.お兄様をしても,手を煩わせる新技は,完成すればファランクス,レンジ・ゼロすら貫通できると言う話です.相変わらず,体を文字通り酷使して,開発しています.その達也さんの痛々しい努力に対して,敬虔なる妹君である深雪様は心からのお世話をします.まさに良くできた妹.

今回の本題は新技開発ではなくて,京都へと逃げ延びた周公瑾を捕縛するというものです.この周公瑾,口だけ達者,逃げ足が速いだけと思ったましたが,戦闘に置いてもかなり強い.前回黒羽に重傷を負わせただけのことはあります.そしてそれなりに出番のあった人物が殺されます.この変は,ご都合主義じゃないよという先生からのメッセージでしょうか.

今回の論文コンペは京都です.それに関連して,京都へとおもねき,周公瑾を探すという流れが次回みられるでしょう.すんなり行くとはとてもおもえません.

今回の巻で盛りあがったところといえば,二点あって,九島家で出会ったイケメンでかなり強い九島光宣君にときめく水波ちゃんが一つ,表紙の水波ちゃんかわいいです.もう一つは,ネタバレになりますが周公瑾と名倉さんが「冥土とはいうのではないでしょうね!」「いいえ,その場所の名は地獄です!」と互いに叫んで戦闘へ移行した場面です.べたですけれど,名乗りを上げて戦うみたいで好きです.

次巻で,京都での戦いの決着がつきそうです.いつ出るのかは正直わかりません.早く15巻がでればいいなと思います.久々に最後の方で真由美さんが出てきたので,嬉しかったです.いずみのさんが多分Twitterで書いていたと思うのですが,始めのほうでの深雪のブラコンでありながらも,お兄様に迷惑はかけまい,けれど自分を磨こう,良い妹でいようとする姿勢は,普通でしたら気にしすぎでマイナスに作用するところですが,深雪さんにとってはそれが世界の真理と化している,自然なことになっていて,彼女の魅力となっています.その姿勢には,達也さんも魅了されています.この変はアニメでは伝わってないでしょうね.どちらにせよ,ふたりの間柄は更に深まり,さらにお兄様も心なしか,他人に対しても自然に感情を出せるようになってきています.

こちらからは以上です.

広告を非表示にする