ミグストラノート

ラノベ読みの日記です。その他、地質。

積まないと読まない話

スポンサードリンク

本を積むという言葉がある.もしかしたら電子書籍がさらに普及したら,なくなるかもしれない言葉である.

私も含めて購入した本の半分以上が読まないで積まれているという癖を持った人は多いはずだ.人間が読める本の数は決まっているので,それを超える数の本は読めないし,それ以下の数を購入していても飽きたとか後で読もうなどと放置してしまいがちだ.

しかし,果たして本を積むことは全くの無駄なのだろうか.私はそうは思わない.一つの理由は,本は買いたいときに買わなければ手に入らなくなるかも知れないというものである.二つ目の理由は,いつでも読めるようにしておくということが大事なのである.たとえ飽きて放置したとしてもいつか読みたくなるときが来るかも知れない.そのときに近くに積んでいればすぐにアクセスできるのだ.そして最後の理由は,私にとっては本を買うこと自体が趣味なのである.

本を買うという行為すらを楽しみ,そして読むことでまた楽しむという二重の楽しみが得られる.なんとすばらしいのだろうか.

電子書籍だと,なかなか積んで見える状態にしておくのが難しい.そこらへんが電子書籍の弱点かも知れない.というより,雑多に電子本を積む機能を私が作ればいいのだが.

追記

私の読書メーターです

むの☆ラノベさんの読書メーター