ミグストラノート

ラノベ読みの日記です。その他、地質。

キックボードを大人が買った話

スポンサーリンク

JD RAZOR MS-105 ショルダーストラップ付 パープル

JD RAZOR MS-105 ショルダーストラップ付 パープル

JD RAZOR MS-105 ショルダーストラップ付を買った.いわゆるキックボードだ.安いのはほかのメーカーからも出ているが,大手で交換パーツも手に入りやすくねだんも手頃 (6000円だった) だったので選んだ.

自転車と徒歩の間ぐらいの位置づけになるかどうかテストする目的があった.私の身長180 cmくらいで手は少し長めくらいだが,持つところの高さを最大にすると,問題なく走行できた.

折りたたみするとかなりコンパクトでサイズ感はよい.折りたたみ機構は下部のハンドルバーを下げるだけで良く,非常に単純だ.ただし,折りたたむ時は折りたたむ方向と逆に動かす必要があり,これが直感的でなくてかなり混乱した.

ショルダーストラップはレビュー通り短すぎて常用には向かない.ショルダーというより,手で持つ用くらいの長さだ.長さ調節もできないので市販品の安いショルダーストラップを流用することをおすすめする.

5インチのタイヤだが本商品の特徴だが,やはりかなりの振動を拾う.手の方は持ち手があるので問題がないが,足の方はサンダルでは振動が厳しい.靴ならば問題ないかもしれない.大きな段差には非常に弱い.さらに良くある理解できないレンガ敷きの歩道だとかなりひどい.一方でアスファルトの舗装路では問題ないレベルである.歩道がない田舎の平らな広域農道や住宅街の裏道とかだと走りやすそうだ.

走行性を考えると,8インチでより重量が重く,保証が期待できないAmazonの中国製のキックボードが良いかもしれない.

8000円だがAmazon直売で不良品でも話が尽きやすいし,ビッグホイールで足を乗せるところが広く両足が乗る,一蹴りの移動距離がタイヤの大きい分だけ長い,スタンド付きなどの特徴があるようでだ.弱点は壊れやすいところとたぶん修理部品が手に入りにくいことである.

ただこのキックスケーターのタイヤはエアタイヤでないので,エアタイヤがほしい人はJD RAZORのJD Razor MS-138を選んだ方が良いかもしれない.樹脂タイヤと違い,エアタイヤは走行時に立てる音が弱いという特徴もある. 重さは5 kgくらい.

JD RAZOR MS-138 OFF ROAD エアータイヤ レッド

JD RAZOR MS-138 OFF ROAD エアータイヤ レッド

[iЯ]《 レビュー》エアータイヤのキックボード『JD RAZOR MS-138』/構造とか、ブレーキとか、ハンドルとか、etc・・・

キックスケーター「JD RAZOR MS-138 OFF ROAD」を注文、選んだ理由

8インチタイヤ

また,JD RAZORの上位機種 (たとえばJD Razor MS-185B) は8インチタイヤつまり20cmタイヤを採用している.このクラスであればキックスケーターの安定度が高く良く進むらしい.

キックボードの袋

袋があった方がいいだろうということでダイソーで45×85 cmのカーテンとマジックテープを買ってきて作った.短い方を二つ折りにして,端二カ所を接着剤で接着した (つまり22×85 cmにして,22cmの両端を固定した).接着剤は布用ボンドがいいだろう.ショルダーが通るところに干渉しないように布の開いている端の中央にマジックテープをつけた.これでベルトが通る部分だけ自由な空間になっている.

最後に

エアタイヤ付きか両方8インチタイヤ機種が気になるな.

参考記事

キックボード買った! - 犬も歩けば棒も歩く

広告を非表示にする