ミグストラノート

ラノベ読みの日記です。VTuber,地球科学も。

広告によってVTuberのYouTubeの動画再生数と登録者数を増加させることができるという当たり前の例 またtwitterのフォロワー数との関係

Youtube登録者数について

天神子兎音(てんじんことね) | バーチャルYouTuber(VTuber) ランキング

f:id:okamurauchino:20180804025130p:plain

f:id:okamurauchino:20180804025132p:plain

私も信者をやっている子兎音様が最近急激に登録者数を増やしているということで気になったので調べてみました.上のリンクにある通り,私が加筆したグラフを見ても明らかにYoutubeの登録者数が増加しています.増加減少はどうやらここ一週間くらいのことのようです.特に伸びている日が8/3 (2207人前日比),7/29 (1412人前日比)です.

ここ一月を振り返ると,14–15日を除くと一日登録者数の増加は200人程度ですが,それがあきらかに479–2207人と増加しているのがよくわかります.

これは残念ながら子兎音様が空前絶後の大ブレイクをしたとかそういうわけではなくて,広告の効果であるでしょう.子兎音様のオリジナル曲である「フーアーユーなんて言わないで」のコメント欄に広告から来ましたという人がたくさんコメントを残していったこと,また再生回数がこの動画だけ異常に高いこと (9.2万再生: 8/4 3:00現在,普段は5000–10000再生ただし幅がある),この動画が一週間前に投稿されたことがこの見解を支持します.


【天神子兎音】フーアーユーなんて言わないで【オリジナル曲】

他に再生回数が異常に高い2つの動画のコメント欄を見てみましょう.


戦場でワンマンライブ【fortnite】【残酷な天使のテーゼ / 高橋洋子】

1週間前や2週間前に広告というコメントが複数あり.正確な日付が分からないので正確なことは言えませんが14–15日はこの動画に対する広告が寄与したのかもしれません.


【歌編】初心者でも4分で分かる天神子兎音(てんじんことね)

0から3週間前まで広告のコメントが複数あります.

ここまでまとめると,3つの動画を見る限りでは3週間前から広告を打っていた.そしてここ一週間ほどは特に広告に力を入れているようです.広告を打つと動画経由で登録者数が確実に増えるということがわかります.私は子兎音様の広告を見れていないのですが,Youtubeなどで流れているのかなと思われます.

Twitterフォロワー数について

Twitterのフォロワー数も登録者数の増加とともに増加しています.ただし60–100人前後とYoutubeほどの伸びはありません.これが,Youtube同様に広告が寄与しているのかはよくわかりません.面白いのは7/7に+283人と大きく増加していることです.これを持って広告のテストとみるか,それとも七夕でキャンペーンをしたんじゃないかなどが考えられます.Twitterのフォロワーキャンペーンについて私はあまり知らないんですよね.広告してもフォロワー数がそれほど増えないような話を聞いたこともあるし.

感想

いとうのいぢさんがママということで当初から話題になっていましたが,運営さんはお金を持ってらっしゃるようです.海外に向けて広告を打ったり,明らかにプレイしていない動画にアテレコする雑な動画を宣伝するのに比べると,子兎音様の魅力が詰まった動画を適切な層へ宣伝できているとても良い例だと思います.

広告の話をしつつ,子兎音様の紹介をしました.私が子兎音様を初めて知ったのは,【芹澤優のVtuberとあ~そぼっ!#01】演技力せりこ面接やってみた🐰からです.声優さんと二人でやっていく番組でしたが,二人で協力して番組を作っていく姿はかっこよく見えました.その動画で噛み様と呼ばれているのを知りました.信者へのラフな方言で話しかけるのも大好きです.

子兎音様のさらなる活躍を願っています.

【電子版】コンプティーク9月号増刊 Vティーク [雑誌]

【電子版】コンプティーク9月号増刊 Vティーク [雑誌]

余談

ボカロとVTuberは違う! 和田たけあきとtmiyachiが語るバーチャルYouTuberと音楽 - KAI-YOU.net

子兎音様のオリジナル曲を作ったお二人である作詞tmiyachi、作曲和田たけあきさんの両方がキズナアイさんから入って最終的に委員長にたどり着くということを話しています.やっぱり委員長の才能はすごいと私も思います.特定のゲームとかに強いとかではなくて,話が上手くて企画力があるというタイプである種の天才に違いない.

作詞の方の人は子兎音様も含めてVtuber事業をやっているわけですが,ツイートを見ていて裏サイドの動きは,あんまし好きじゃないなと再確認しました.ファンの目線で物事を語るいちからくらいが私の許容ラインでそれを超えるとなかなかどう接すればいいのか難しいところです.ファンはVTuberに夢を抱いているのですが,それが覚まされるような感じ.空想コード+のてんまちゃんはこんな気持ちになったりするのか? なのでこの手の話題はこれが最後にしようと思います.これからは夢と思想を語ります.

企業はおいといて個人勢が自前を切るとどうなるのか.将棋AI開発にAWSを使うみたいな話になってきましたね.